* Gallery D *

インドの聖地Varanasiの鮮やかな写真です。サムネイルをクリックすると写真が表示されます。

美しき世界・・・Varanasi India

太陽が昇る

夜明け前にガンガーの向う岸に渡り撮影しました。ニコラス・ケージ氏主演の映画「シティ オブ エンジェル」のインド版です(^^)。天使達と言っていいのかどうか…。
しかしインドの方達、本当に早起きですネ。

太陽と人と

もちろんここは砂漠ではありませんが、地平線ですね。やはりガンガーの対岸での撮影です。
日本では地平線というものはあまり見る機会がありませんが(北海道ぐらいですか?)、なれればなんとも思いません。人間って哀しいかな、私も初めは感動していましたが…。
まあでも個人的には地平線より山が見えている方が好きです。

夜の街

ゲストハウスの屋上から夜間撮影。パッと見て綺麗かな、とは思いますが、詳細はなんのこっちゃわかりませんね。
Varanasiは治安は比較的良いので夜でも結構出歩けますが、危険なエリアはもちろんありますのでその辺りは現地の人から必ず聞いておきましょう。まあリクシャーが通行するエリアは比較的安全だし、リクシャーで移動すれば良い訳だし。個人的には逆にひと気のないガート等は昼間でもご注意。徒歩移動に便利なのでついつい歩きますが…女性は特に。まあ私はチャイ代くらいしか現金を持ち歩かないので何も出ませんけどね(^^;)。

朝焼け

太陽が昇る前です。本当に空がこんなに鮮やかな色?と疑問がわくかもしれませんが本当です。但し自信はありません(オォ)。
…でも夜明け前は何処で見ても綺麗ですよネ。やはり空気が澄んでいる、霧がかって気温も低くて幻想的、頭が寝ぼけ気味で錯覚もしくは何かをキメすぎで錯覚等と色々要因はあるのでしょう。
まあ細かい事は置いておいて、美しい色を楽しみましょうネ(^^; 意味不明)。

朝焼け2

これも太陽が昇る前です。1つ前との時間的前後関係は正直どちらが先か忘れました…がおそらく(ん?)こちらの方が先です。単にカメラの絞り等の関係で明るく映っております。本当はもっと暗いはず。

夜明け

何と神々しいんでしょう(^^)。何も説明する必要は無いですよね。

ガートにて

>わかりやすく言うと、いわゆる灯篭流しです。あまら宗教的な事を解説するのも何ですが、私はインドのおかげで宗教に対するイメージが大分(良い意味で)変わりました。本当、正しい宗教は「生活の為の道徳」です。

私は雲を眺めるのが好きです。この写真ではボートから撮影しました。
大地に寝転んで眺める大きくて白い雲、朝夕黄金に輝く雲、夜に紫色に発光する夜光雲、雲には色々な形、色、組み合わせがあって、本当に飽きる事がありませんね。

プジャ

ガートでのプジャの様子です。はい、特に何も言う事もありません。

ガート風景

ガートの遠景です。あの混沌とした場所も遠くからだとその様子がわかりませんね。